Mafriges 社は、フランスとの国境および主要貨物港から1時間のところに位置する、豚の飼養を伝統とするバルセロナ県のSant Vicenç de Torelló(サン・ビセンス・デ・トレリョ)に所在する、豚肉製品の解体処理および冷凍冷蔵保管を行なう会社です。

1984年の創設以来、生肉および加工肉食品を小売店、スーパーマーケット、卸売業者および食肉処理工場に連日供給、卸売り販売して参りました。

Mafriges 社は、欧州市場や成長の一途を辿るアジア市場にもその販売を拡大しています。

高品質な製品および優れたカスタマーサービスが弊社の信頼の基礎を築いています。

  • 環境への配慮
  • 動物保護
  • 近代的設備
  • 週当たりの屠殺解体能力:17.000 頭
  • 高い技能を有する職員
  • 工員数:約250 人
  • 信頼できるサプライヤーの証となる、Calitax(スペインの認証機関)のトレーサビリティシステム
  • HACCP, FSSC 22000, IFS, BRC, Wellfare Animal Quality

Mafriges 社では最高の品質を保証するため、製品の全生産工程を管理しています。

Mafriges 社は、製品別の専用解体切断場、梱包ラインおよび2.500トンの冷凍冷蔵保管庫を装備した、週当たりの屠殺解体能力17.000頭を超える独自の屠殺解体工場を備えています。このようにして弊社では、製品のあらゆる側面における徹底した管理を実施しています。

柔軟な処理システムにより、使用目的やISOに準拠した品質管理システムに基づく顧客要件に応じた生産が可能になっています。

Mafriges 社では、一時解体から脱骨や整形などあらゆる種類の解体処理が施された製品をご提供しております。

IWP(個別包装)または真空パック包装を行なう梱包ゾーン、4つのトンネルフリーザーならびに2.500トンの冷凍冷蔵保管庫などの新施設を備えています。

工程の総合管理

中央データベ-スの使用で、生産計画やその最適化や生産の全工程を通じて製品を完全に追跡することができます。

Mafriges 社は、豚の飼養を伝統とする地元の原料供給農場の近くに位置してます。

短い輸送距離および良好な動物の取扱いは豚のストレス軽減に役立っています。

二酸化炭素麻酔で、食肉の最高の品質が保証されます。

豚の解体後、屠体は冷凍冷蔵保管庫に保管されます。

豚肉の解体プラントは以下のセクションに分かれています:

  • 腰肉セクション
  • 腹肉セクション
  • 肩肉セクション
  • もも肉セクション
  • 頭肉セクション

同社で は、適時性や製品の新鮮度を最大限に保つため、自社トラックで欧州市場に生肉や冷凍肉をお届けしています。

ロジスティックス部門では輸出サービスもご提供しており、冷凍製品をコンテナー船(20または40フィートのコンテナー使用)で出荷しています。